怪物従者 一覧

〈弱いクリーチャー〉の怪物従者

これらの従者を作成したとき、主人公は【錬金術ロール】を行い、達成値と同じ数の【怪物】クリーチャーを得ます。
ただし、ファンブルしたさいには、そのときの【幸運点】と同じ数になります。

〈カンガルーキャット〉(技量点0 生命点1 戦う従者)

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは【斬撃】の攻撃特性を持つ。

戦闘が起きたマップタイルが「狭い場所」である場合は、〈カンガルーキャット〉の【攻撃ロール】と【防御ロール】に+1の修正が得られる
(マップタイルの広さの記述がない場合、1d6を振る。
 1-3であれば「狭い場所」、4-6であれば「広い場所」である)。


〈牙うさぎ〉(技量点0、生命点1、戦う従者)

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは【斬撃】の攻撃特性を持つ(ただし、【攻撃ロール】に-1の修正)。

3体以上の〈牙うさぎ〉を同行させている場合、〈牙うさぎ〉のグループは追加で最大1回の【攻撃ロール】を行える。
〈牙うさぎ〉が2体以下になれば、このボーナスは失われる。
たとえば、従者の〈牙うさぎ〉が4体いる状態だと、各ラウンドで〈牙うさぎ〉は【攻撃ロール】を5回行うことができる。

従者の〈牙うさぎ〉が3体死亡するたびに、1個の食料を獲得してよい。


〈ハーピー〉(技量点0、生命点1、戦う従者)

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは【斬撃】の攻撃特性を持つ。

このクリーチャーは大きな両翼を広げて飛行しているので、飛び道具だと狙われやすい。
そのため、敵の飛び道具を受けた場合は、【防御ロール】に-1の修正を受けてしまう。

〈ハーピー〉は、第0ラウンドに歌を歌うことができる。
この歌は【魅了】の効果を持つ呪文として扱う。

敵のクリーチャー1体に対して【魔術ロール】を行うこと(目標値は、対象クリーチャーのレベルに等しい)。

判定に成功したなら、対象のクリーチャーは、その瞬間から第1ラウンドの終わりまで【魅了】状態になり、敵側に対して攻撃を行うようになる。
寝返った敵の【技量点】は、クリーチャーのレベルから4を引いた値である。
また【魅了】されている敵は、特殊能力を使うことはできない

ただし、【アンデッド】【ゴーレム】【植物】【兵器】【建造物】のいずれかのタグを持つ対象には、この歌は効果がない


〈強いクリーチャー〉の怪物従者

これらの従者を作成するとき、対象となるクリーチャー1体の経験レベルを目標値として、主人公は【錬金術ロール】を行い、成功しなければなりません。

〈怪力獣〉(技量点1、生命点8、戦う従者)

〈怪力獣〉を従者として連れていく場合は、7点の従者点を必要とする。

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは、接近戦で2回攻撃が行える。その攻撃特性は【打撃】である。


〈キメラ〉(技量点1、生命点8、戦う従者〉

〈キメラ〉を従者として連れていく場合は、9点の従者点を必要とする。

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは、接近戦で3回攻撃が行える。その攻撃特性は【斬撃】である。

〈キメラ〉は、第0ラウンドに炎を吐くことができる。
攻撃特性は【炎】で、その攻撃数は1回である。

〈キメラ〉は武器を持って戦っているわけではないため、第1ラウンドに装備品の持ち替えを行う必要はない。
このクリーチャーは大きな両翼を広げて飛行しているので、飛び道具だと狙われやすい。
そのため、敵の飛び道具を受けた場合は、【防御ロール】に-1の修正を受けてしまう。


〈コカトリス〉(技量点:0、生命点:6、戦う従者)

〈コカトリス〉を従者として連れていく場合は、8点の従者点を必要とする。

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは、接近戦で2回攻撃が行える。
その攻撃特性は【麻痺】である。

〈コカトリス〉は、第0ラウンドに毒の息を吐くことができる。
攻撃特性は【麻痺】で、最大で2体まで攻撃対象に選ぶことができる。
ただし【アンデッド】【ゴーレム】【植物】【巨大生物】【兵器】【建造物】のいずれかのタグを持つクリーチャーには効果がない。

毒の息は生命点へのダメージはないが、【防御ロール】に失敗したクリーチャーは【麻痺】状態になる(すべての【判定ロール】に-1の修正)。

クチバシによる接近戦で、敵クリーチャーの生命点に1点以上のダメージを与えたときも、相手を【麻痺】状態にすることができる。

ただし、【麻痺】の効果が重複することはない。

〈コカトリス〉は武器を持って戦っているわけではないため、毒の息を吐いた直後であっても、第1ラウンドに装備品の持ち替えを行う必要はない。


〈バジリスク〉(技量点:0、生命点:6、戦う従者)

〈バジリスク〉を従者として連れて行く場合は、9点の従者点を必要とする。

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは、接近戦で2回攻撃が行える。
その攻撃特性は【斬撃】である。

第0ラウンド、または偶数のラウンドにおいて、〈バジリスク〉は、すべての敵に対して【邪視】で睨みつけることができる。
それぞれの敵に対して-1の修正で【幸運ロール】を行うこと(目標値はクリーチャーのレベルに等しい)。
これは1ラウンド分のアクションを必要とする。

判定に成功したなら、対象となったクリーチャーは、〈バジリスク〉の邪視によって【石化】してしまうため、倒したものとして扱ってよい
判定に失敗したなら、何も起きない。

ただし、この特殊能力は、【アンデッド】【植物】【ゴーレム】【兵器】【建造物】のタグを持つクリーチャーには効果がない。

また〈バジリスク〉が、【斬撃】の攻撃に対する【防御ロール】に失敗した場合は【幸運ロール】を行うこと(目標値は、攻撃者のレベルに等しい)。
判定に成功したなら、猛毒の返り血を浴びせることができるので、攻撃者の生命点に1点のダメージを与えることができる。

ただし、この特殊能力は、【アンデッド】【植物】【ゴーレム】【兵器】【建造物】のタグを持つクリーチャーには効果がない。


〈ホムンクルス〉(技量点1、生命点5、筋力点4、戦う従者)

〈ホムンクルス〉を従者として連れていく場合は、6点の従者点を必要とする。

これは【怪物】【人間型】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーが武器を持たない場合、【攻撃ロール】に-2の修正を受けてしまう(素手の攻撃特性は【打撃】である)。

〈ホムンクルス〉は「相棒」の従者として扱われるが、従者点による強化はできない。

〈ホムンクルス〉は、作成されたときは装備品を持っていないが、武器と防具を扱うことが可能である。
武器は飛び道具と接近戦武器をひとつずつ、防具は盾と鎧をひとつずつだけ持たせることができる。

また、主人公の代わりに、アイテムをひとつだけ持たせることができる
(ただし、持ち運んでいるアイテムを〈ホムンクルス〉が使用することはできない)。
〈ホムンクルス〉は、【かばう】の特殊技能を持つ。


〈マンティコア〉(技量点1、生命点7、戦う従者)

〈マンティコア〉を従者として連れていく場合は、9点の従者点を必要とする。

これは【怪物】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーは、接近戦で2回攻撃が行える。
その攻撃特性は【斬撃】である。

〈マンティコア〉は第0ラウンドに、釘のような棘を尾から発射できる。
攻撃特性は【斬撃】で、その攻撃数は2回である。

接近戦時には2本の前脚で戦うため、第1ラウンドから攻撃を行うことができる。


〈ミノタウロス〉(技量点1、生命点6、筋力点4、戦う従者)

〈ミノタウロス〉を従者として連れていく場合は、8点の従者点を必要とする。

これは【怪物】【人間型】に属するクリーチャーである。
このクリーチャーを作成した場合、〈ミノタウロス〉の攻撃特性は、【打撃】と【斬撃】のいずれかを選択すること。

〈ミノタウロス〉は、各戦闘の第1ラウンドに限り、防御を捨てた【突撃】を仕掛けることができる。
この能力は【筋力点】を消費しない。

この能力を行使することで、〈ミノタウロス〉は【攻撃ロール】に+1の修正を得るが、それと引き換えに【防御ロール】に-1の修正を受ける。
この効果は、第1ラウンドが終わるまで持続する。

ただし、【突撃】を仕掛けた場合は、敵の攻撃を割り当てるときに、優先的に〈ミノタウロス〉が攻撃対象として選ばれてしまう。

〈ミノタウロス〉は、【全力攻撃】【強打】の特殊技能を持つ。




【錬金術師】へ戻る

職業へ戻る

トップページへ戻る


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-02-12 (月) 14:14:11 (106d)