正誤修正」カテゴリーアーカイブ

100パラグラフゲームブック集2 正誤修正

「ゴブリン要塞を止めろ!」についての正誤修正です。

(誤)パラグラフ34 成功したら6へ、失敗したら80へ
(正)パラグラフ34 成功したら80へ、失敗したら6へ

「断頭台の迷宮」についての正誤修正です。

(誤)パラグラフ88 ぶどう酒を使うなら→34
(正)パラグラフ88 ぶどう酒を使うなら→37

月花の冒険 正誤修正

3:20 誤 入口の部屋(【3:50】) ⇒ 正 入口の部屋(【3:5】)

5:10 誤 シェブラン城の地下通路 ⇒ 正 シェブラン城の地下通路 ♰(十字架マーク)

5:19 誤 【5:91】 ⇒ 正 【5:86】

5:46 誤 【5:46】♰(十字架マーク) 地下墓地 ⇒ 正 【5:46】 地下墓地

100パラグラフゲームブック集3 正誤修正

彷徨える人狼」において複数の正誤修正があります。
詳細は以下の通りです。

第5パラグラフ……
(誤)「本文+20へ」→(正)以下の記述にパラグラフの内容自体を変更↓

 右の脇腹が鋭く痛む。
 吸血鬼は意気揚々と舞い上がり、空中から斬りつけてくる。
 避けそこねた剣が左肩を貫く。だらりと腕が下る。腕が上がらない。
「ちっ……」
 敵の強さを見誤っていた。そう思い直したときにはもう遅かった。左から致命的な一撃が自分の首筋に向かって降ってくる。この左腕ではそれを防ぐことはできない。意を決して右に飛ぶ。あなたは城壁から真っ逆さまに転落した。

 気がつくと、あなたは白十字の隠れ家に運ばれていた。
 骨が折れているのか、体中がバラバラになるように痛む。
 数日が経過するとあなたの身体は何とか動けるようになった。
 あなたは白十字の本部に赴く。15へ。

第25パラグラフ……(誤)「34へ」→(正)「26へ」

(誤)第39パラグラフが2つある
(正)第29パラグラフと第31パラグラフの間にある方が第30パラグラフ(P.114)

第33パラグラフ内、10行目(P.116)
……(誤)「人形のようなを顔した」→(正)「人形のような顔をした」

第33パラグラフ……(誤)「34へ」→(正)「20へ」

第49パラグラフ……(誤)「78へ」→(正)「75へ」

(誤)第111パラグラフが2つある
(正)第100パラグラフと第102パラグラフの間にある方が第101パラグラフ(P.166・167)

怪物狩猟 正誤修正

【10章:28】
『長剣』で腹を狙うなら【10章:25】へ。→『長剣』で腹を狙うなら【10章:38】へ。

【1章:48】
懐から取り出した『音球』をメガレオンに向かって投げつける。
怪物の額にぶつかった球が割れて、大きな破裂音が響いた。
激しい音に驚いたメガレオンの動きが止まる。君もすぐ近くで聞いたから少しくらくらするが、意識を保つことができた。
弱点の大きな音を間近で聞かせたので、メガレオンに〈負傷〉を与える。
メガレオンが動けない間にツノをつかんで背中に登り、後ろを取る。
すると、みるみるうちにメガレオンの体が赤く染まっていく。
これがメガレオンに与えた初めての〈負傷〉なら【1章:49】へ。
二度目以降なら【1章:52】へ。

【1章:50】
メガレオンの鼻先へ、武器を振り下ろす。
君が持っている武器が『長剣』か『長弓』なら、攻撃は失敗する。メガレオンの分厚い鱗に、歯が立たないのだ。
君の武器が『戦槌』なら、メガレオンに〈負傷〉を与えることができる。重たい打撃がメガレオンの鱗を砕き、怪物は痛みに後じさりする。
メガレオンがすでに〈負傷〉を受けていて、ここでさらに〈負傷〉を与えたなら、【1章:52】へ。
それ以外なら【1章:51】へ。

【1章:52】
痛みに悶絶するメガレオンが逃げようとするので、ここぞとばかりに攻撃を仕掛ける。メガレオンはバタバタと全身を痙攣させるが、攻撃の手を緩めない。
やがて、メガレオンは動かなくなり、はるか下の地面に落下していく。
メガレオンを倒した!
雇っていた仲間を呼び寄せて、メガレオンの巨体を村へと運ぶ。仲間たちはみな、君の見事な狩猟を称えてくれる。
『赤色のメガレオン(オス)』を捕獲した。【1章:10】へ。