ディラットの危険な地下迷宮(ゲームブック)※7/22「TGFF」にて第2版取扱開始

混沌の地下迷宮を進み、魔法使いを倒せ!

【ストーリー紹介 by 杉本=ヨハネ】
ディラットの地下迷宮には、これまでにも何度となく探索をこころみる者が降りていったが、そのほとんどは帰ってこなかった。
この迷宮の最深部では魔法使いディラットが、ばく大な宝を所持していると聞く。
宝は迷宮じゅうに散らばっているが、深くもぐるほど貴重なものが見つかると言われている。

ディラットは訪問者たちを撃退するため、迷宮の各所にワナと怪物を仕掛けた。
万能ではないが、君は歴戦の勇士だ。
地下迷宮の最深部へと到達し、途方もない宝を持ち帰る。

これは、君が経験してきたなかでも、もっとも危険な冒険となるだろう。
さあ、行こう。
君は山あいにぽっかりと穴を開けた入口を通って、迷宮へと足を踏み入れる。

【迷宮で迷い続けている中山将平の一言では終わらない解説】
2014年にゲームブックメールマガジン「FT新聞」の読者投稿企画から始まったダンジョン冒険ゲームブック!
表紙画像にある通り複数の作者が参加しており、その危険な仕掛けや絡み合うドラマは驚くべき豊かさです!!
序盤では雑多なイベントや奇想天外な登場人物たちへの対応を楽しめる一方、終盤にかけては作りこまれた山場があり、登場人物たちの役割や人間関係も見えてくるという物語性が発揮される作品です!
「FT新聞」にてぜろさんによるリプレイが掲載されたことをきっかけに、多くの方から「欲しい」とのお声をいただき、直せる箇所を直した「第2版」が刊行となりました。