クトゥルー短編集(ゲームブック)

踏み入ってはいけない。
分かってはいるが、目をそらすことが出来ない。
【ストーリー紹介 by 中山将平】
あなたはこの本で6つのクトゥルフホラー作品に出会います。

(異次元の抱擁~ゾルタクスゼイアンの卵~ 杉本=ヨハネ著)
出会った美しい女医。彼女と仲を深めるうち、君は「ある違和感」に気づく。
耳にする得体のしれない言葉。ロゴス真理教。そしてゾルタクスゼイアン……。
君は真実を知りたいか?それが、おぞましいものだったとしても……。

(ノイズマン ロアスペイダー著)
事故にあった姉に関する謎のメモリーカードを再生する。
不気味なノイズと言葉たち。それ以上に不可解な現象を、君は目にする。
そして、君自身もまたノイズにのまれる感覚を味わうことになるのだ……。

(クトゥルフ新話 山田賢治著)
君はニュースを見たり、町をうろついて暇をつぶしている。
怪しい宗教に入信したり、UFOに乗ったり、人を殺めてしまうこともあるだろう。
何気ない日常の一歩先、そこから狂気は少しずつ君に這い寄るのだ。

(NOISE 神崎マコト著)
君は三流オカルト誌の新米ライター。奇病の取材で訪れた病院で軟禁される。
脱出して取材を試みるが、患者たちに生気がない。
君がこの病院で目にするのは、有り得るはずのない真実だった……。

(死者の彷徨く島 丹野佑著)
君はアルバイトで、ある島の施設を訪れる。
だが、そこで与えられた薬で被験者がゾンビ化。
生き残るため誰を信じ、誰を見殺しにするのか。君は究極の選択を迫られる。

(ゾンビ・ザ・ワールド 靴下ぬぎ夫、杉本=ヨハネ著)
君は日本からフランスへの留学生。
陸上で結果を出すため新薬でドーピングしたら、副作用でゾンビになった。
B級映画的要素がこれでもかと詰め込まれた展開。ゾンビライフを謳歌しよう!

【杉本=ヨハネの一言では終わらない解説
クトゥルー短編集は、冒険記録紙やサイコロを必要としない、気軽に遊べるゲームブックです。 作品によってはメモを取ったほうが遊びやすいものもありますが、大半はそれすら必要ありません。 この作品には6個の短編ゲームブックが収録されています。 どの作品もそれほど長くはなく、電車のなかなどで空いた時間に遊べるようになっています。

1 thought on “クトゥルー短編集(ゲームブック)

  1. ピンバック: 「クトゥルフ系作品」とは? | FT書房公式HP

コメントは停止中です。